施設案内

施設設備案内

マルチメディアの世界が、ここから広がっていく。

サロン風にレイアウトされた環境は、学生諸君の情報活動の拠点にふさわしい雰囲気を持っています。その環境は、各種アプリケーションの利用が可能で、さらに一部のパソコンをマルチメディア化し、音楽・映像・画像の処理を楽しむことができるようになっています。さらに、情報発進基地としての機能も持たせ、リアルタイムで世界各地の情報が手軽に入手できるインターネットも整備。学生の皆さんが自由に、気軽にパソコンを利用して情報処理機器の操作に慣れ親しむことのできるマルチメディアセンター、そして情報処理実習に利用される情報処理教室、この2つを両輪に、時代を先取りしたより高度な情報処理技術の修得に役立ててください。

ランチはお洒落なカフェテリアで。

学園都市太宰府に位置する本学は、学問・研究にふさわしい教育環境にあります。施設の近代化にも力を入れ、厚生会館、学生ホール、講演もできる大講義室などが完備された「都築育英学園記念厚生会館」をはじめ、多くのその充実度はますます増すばかりです。この厚生会館は、総面積約4,700m2・5階建で、1Fがレストラン、2Fはおしゃれなカフェテリアと400人収容可能な、電子黒板やビデオプロジェクターなどの最新の視聴覚教育装置を導入した中講義室、3Fが約1,000名を収容できる大講演講義室となっており、全館冷暖房完備のデラックスな会館となっています。皆さんの毎日の学生生活がより有意義なものとなるよう、憩いの場、勉学の場などの施設の充実ぶりは、目を見張るものがあります。

スポーツ苦手をスポーツ好きにする快適空間。

大学における施設のひとつとして、体育館は欠かせぬ存在だ。本学では、これまでの体育館に加えて、最高水準の設備と広さを備えた西日本地区で最大規模の体育館、「都築貞枝記念体育館」を昭和58年11月に完成させた。体育館は鉄筋コンクリート造りの3階建で、総面積5,800㎡。1階はバレーボールなら4面、バスケットボールなら公式試合コートが2面とれる広さだ。2階には、多様なトレーニングに活用できる基礎体力づくりのためのトレーニング室や、1,000人分のロッカー付更衣室がある。3階には剣道場などもあり、体育授業やクラブ活動で多くの学生に利用されている。体育館の完成により、従来の体育館と合わせ、学生諸君のポーツ環境は大幅に向上された。平成18年度からは温水のシャワー室も設けられる。

仲間と共にスポーツで思いきり汗を流そう。

都築学園グループ 日本経済大学には、体育の授業やクラブ活動などで利用されている、全天候型テニスコート、ラグビー場、全天候型陸上競技場など、キャンパス内の屋外スポーツ施設のほかに、「太宰府総合グラウンド」をキャンパスの近隣に整備しています。アメリカンフットボール、ラグビー、陸上競技などに利用できる多目的グラウンドをはじめ、電光掲示板・観覧席・ダッグアウトなどを完備した公式ゲームにも対応できる野球場、3面のテニスコート、そして広い駐車場を一つの敷地内に収めて整備した、まさにスポーツの一大拠点施設です。キャンパスから徒歩で10分あまり。国道3号線に面するその充実したスポーツ環境は、活発なクラブ活動を支えるほか地域社会にも開放されています。