学科とコース

経済学部 / 経済学科

経済学科の4コース
  • 世界経済コース
  • 日本経済コース
  • 地域経済コース
 
経済学科の概要

国際化と情報化の進展する現代にあって国際社会と地域社会に生じる様々な問題を総合的に理解し、その解決に向けて積極的に貢献できる人材の育成を目指します。
経済学は、さまざまな要素が複雑にからみあった問題の本質をきちんと理解し、解きほぐしながら現代社会を読み解く重要なツールです。
幅広い教養と専門知識の修得、コミュニケーション能力の育成など確かな知識とスキルを身につけさせて社会へ送り出します。

 
達成目標
 

経済学とは何かを学ぶ

経済学とはどのような学問なのか、なぜ経済学を学ぶのか、また、経済活動やその相手など経済社会の基本的な仕組みを学習します。

経済学の基礎と幅広い応用分野を学ぶ

経済学の基礎となるマクロ経済学やミクロ経済学を学習し、社会の様々な問題解決のために経済学が利用されている幅広い応用分野について学びます。

専門分野を深める

専門科目を体系的に学びつつ、学科に配当された専門ゼミナールで徹底した討論と課題演習を通して確実に専門的知識を身につけます。

学習の集大成で社会へ飛躍する

自主性を高めて個別課題を具体化し、実社会で通用する洞察力と分析力を体得し、論文を作成する力、発表する力、討議する力、ビジネスマナーを養い 4 年間の総仕上げをし、社会に飛び立ちます。
 
経済学科 専門科目の一例

 

学科共通科目 経済学 ミクロ経済学 マクロ経済学 経済政策 企業論
アジア経済コース 国際関係論 国際経済学 海外観光地理 国際法 アジア経済論
日本経済コース 国内観光地理 日本経済論 資源環境・
エネルギー論
産業組織論 社会政策
地域経済コース 公共経済論 地方自治論 観光政策論 地方財政論 リゾート開発論
 
取得可能な
資格
  • 教職免許中学校教諭一種免許(社会)・高等学校教諭一種免許(地理歴史)・高等学校教諭一種免許(公民)
  • 簿記検定(日商1~3級)
  • 英語検定(1~3級)
  • TOEIC
  • パソコン検定
  • ビジネス能力検定
  • 秘書技能検定
  • 漢字能力検定
  • ペン字検定
  • サービス接遇実務検定
  • 中国語検定
  • ハングル能力検定
  • ドイツ語技能検定 など
 
目指す方向
経済社会の中で発生している経済現象を個人が認識して将来への方途を模索するとき、大きく変化する経済社会を的確に見通す眼を持つことが望まれます。
そのために、経済理論、経済政策、経済史などの科目を系統的・総合的に学ぶことを通して理論的思考を養い、もって産業界はもとより経済と関わる他分野に有為な能力を発揮できるような人材育成を目指します。
 
こんな方におすすめ!
  • 海外で活躍したい人
  • 少子高齢化問題について学びたい人
  • 中国の経済発展に興味のある人
  • 環境問題に関心のある人
  • さまざまな格差問題の解決に興味がる人
  • 地方経済の復活に関心のある人
  • 医療、保険、福祉などのコミュニティが抱えるいろいろな問題に関心がある人
 
学科長メッセージ
グローバリゼーションとローカリゼーションの狭間で個性の伸展

昨年から今年にかけて世界は劇的な政治・経済混乱を体験しています。国家権力やイデオロギー(宗教)による支配や対立、それらによって発生した難民問題やテロ行為も多発し、収拾がつかない状況です。このような問題から解放するためにこれまで作り上げられたワールドオーダー(グローバリゼーション)の必要性が問われ、国家第一主義や地域主義が誕生しました。
確かに経済は良くなりました。若者の就職先も増えました。しかし、この状況はいつまで続くか不明です。ソフトパワーの導入が今強く必要とされています。私は社会学と国際関係論を担当し、研究しています。ワールドリーダー不在の今日、政治経済混乱がしばらく継続すると思われます。二極化が続く中でどのように状況を分析し、学生一人一人が持っている個性を生かし、それぞれの能力を伸展させていくことが重要です。

経済学科 学科長 ラフマン モクレスール 先生