NEWS

福岡市民の祭り「博多どんたく」の手伝いをしました。

2017-05-07

観光ビジネスゼミの学生を中心に、「博多どんたく」(5月3・4日)の手伝いをしました。
本学は福岡市と「観光・MICE」に関する協力協定を結んでおり、昨年から3回にわたり観光調査をしてきましたが、今回は市民の祭りのお手伝いです。第2回目の観光調査(2月)で博多人形の絵付け体験などをした「博多町家ふるさと館」。ここに特設の舞台の運営補助や2日目のパレード参加者の受付などをして、最後はパレードにも参加してきました。

 

   

 

博多町家ふるさと館に特設の舞台では、日本舞踊やダンス、民族舞踊などを披露するグループが次々にやってきます。祭り初日の3日は、受付をしたり、音響調整をしたり、交通整理をしたりと祭りの裏方の仕事を体験。
2日目は、これらの業務に加えて、パレードにも参加しました。
まずは、パレード参加者の受付をして法被やしゃもじを渡します。
博多の総鎮守・櫛田神社では参加者全員(100名以上)でお祓いを受け、パレードの準備。全員で踊りの練習をしたり、パレードの先頭で引く山車を準備したりと学生たちにとっても初めての体験でした。

 

       

  
初日は突然のゲリラ豪雨でパレードも中止になってしまいましたが、この日はどうにか天候ももってくれて、我々のパレード隊も予定通り17:30に呉服町を出発。大勢の観光客が見学する中、天神までのパレードを無事終えることができました。
今回は、日本人の他、韓国・台湾・ベトナム・タイ・バングラデシュ・ネパールの学生たちが参加。祭りの運営の大変さを学ぶとともに、日本を代表する祭りに参加できていい思い出を作ることができたようです。