卒業生の声

日経大で学んだ事が、現在のコンサルティング業務に、
大いに役立っています。

日本生命保険相互会社 営業人事部 法人職域FC人事
和才 絵美奈 さん(経済学部 経済学科 平成27年3月卒業)

現在、日本生命保険相互会社の法人職域ファイナンシャルコーディネーターとして働いています。大企業を中心とした法人・職域マーケットにおいて高度な専門知識を駆使し、保険の総合的なコンサルティング営業を行う仕事です。コンサルティング営業では、お客様の相談内容に応じ、お一人おひとりに合わせた保険プランを作成する必要があります。
形のないものを販売することの中には、もちろん難しさもありますが、その分やりがいも感じられる営業であると感じております。

在学中は、バレーボール部に所属しており、ほぼ毎日練習に取り組んでおりました。部活を通して身につけた‘根性’と‘忍耐力’は、今の仕事でも活かされております。毎月毎月ご契約をすんなりいただけるということではないのですが、締切まで諦めずに頑張る根性と、辛いときや苦しいときは忍耐力で乗り越えています。さらに頑張れば必ず成果につながるので、「努力は必ず実る」といつも思いながら活動しております。

ただの「営業マン」ではなく、「誰かのお役に立てる営業マン」でありたいです。元気のない人が、私と話して笑顔になったり、困っている人の手助けができ、その中で「保険」をお客様に提案できればと思います。
「保険」を提案することが私の仕事の全てではなく、たくさんの人と出会うことができる仕事ですので、その縁を大切にしながら働いていきたいです。

入社から半年たった今でも慣れないことばかりですし、厳しいこともたくさんありますが、その分大きく成長できたと思っています。
法人職域ファイナンシャルコーディネーターだったからこそ、出会えたお客様はたくさんいます。たくさんのお客様と出会えたことにより、自分の良いところや悪いところに気がつくことがあります。
‘お客様に支えられ、自己成長することができる’とても素敵なお仕事だと感じています。

日経大で学んだ経済・経営の心とスキルに、
日々感謝しながら過ごしています。

セントラルユニ
上田 椰々美 さん(経済学部 商学科 平成26年3月卒業)

日本経済大学のゼミで、「経国済民(けいこくさいみん)、すなわち、国を経め、民を済う」ための経済を学問できたこと、また、「経営というものは、人間が相寄って、人間の幸せのために行う活動だといえる(松下幸之助著・実践経営哲学30 頁)」という文章と出会えたことは、私にとって幸運なことだったと思っています。国・県・市・町・村などの公的・マクロ的な見地に立って、国家・地域の安定と発展を理想とする学問が経済学であり、民間・企業・個人などの私的・ミクロ的な見地に立って、企業・個人の繁栄と福利を理想とする学問が経営学であることを知りました。

また、経済・経営の心とは何か、その足掛かりを手にすることができたと思っています。この学びを契機に、私は経済・経営をより真剣に学びたいと思えるようになり、書物と向き合い、友人関係やアルバイトなども充実させることができました。専門科目の講義では、経営財務や経営分析など社会に出て役立つ具体的なスキルの修得を心がけました。そして卒業後、経済・経営の心とスキルを東京で活かしたいと思い、就職活動に励んだ結果、(株)セントラルユニに就職することができました。

会社では先輩、同僚に恵まれ、大学での日々に感謝しながら社会人として歩み始めたところです。教養科目は、実際の職場ですぐに役立つことはありませんが、長い人生にわたって役に立つと言われています。受験生の皆さん、専門科目と教養科目をバランスよく学び、部活サークルを楽しみ、アルバイトもうまくこなす。そんな大学生活を送ってみてください。大学は自分を大いに成長させることができる場です。大学受験に合格し、ぜひ大学で充実した青春の日々を過ごしてください。

やりたいことができる日経大を選んだこと。
それが、私の夢を一歩ずつ近づけています。

豊田自動織機
波多江 慶 さん(経済学部 経営法学科 平成25年3月卒業)

私は高校3年生のとき、卒業後の進路で迷っていました。その時に担任の先生から「自分のやりたいことができる大学は、日本経済大学じゃないか?」と言われたのがきっかけで、日本経済大学に入学を決めました。
また、将来の夢は、海外でも活躍できる実力を身につけ、グローバルな活動をすることだったので経営法学科を選択しました

この学科では、人との関わり方や、英語、海外の法律など学ぶことができ、今の私の仕事の基礎にもつながっていると思います。実際に入学すると、大学の先生方はとても温かく接してくださり、とても心強く、何でも相談することができ、優しくアドバイスをしてくださいました。私は高校でヨット部に所属していたので、大学でもヨット部に所属しました。大学3年生のときU-21の世界選手権に出場することができたのですが、大学で学んだ英語や法律などが活かせたことが鮮明に記憶に残っています。

大学のキャンパス内には、学ぶ場所だけでなく、心が落ち着く場所がたくさんあります。なかでも、イングリッシュガーデンという庭園には、バラやパンジーなど四季折々の草花があります。さらにビックリしたのですが、池には白鳥なども泳いでいます。同じ学科で知り合った友達と昼休みにイングリッシュガーデンに行き、親睦を深めることもできました。

私は豊田自動織機という会社で働くことを選びましたが、大学で出会った友達は、それぞれに目標があり、不動産や医療、銀行、証券系の職業に進んで行きました。また、私の場合は、在学中に社会活動などを経験することで自分の夢を明確にさせることができ、卒業して企業に入ることで自分の夢にまた一歩近づくことができました。