キャンパス内に広がる本格的「イングリッシュガーデン」

日英学術文化交流締結記念庭園

イギリスのガーデナーたちによって造園された英国式庭園。たくさんの緑、それを彩る花々、白鳥たちのたたずむ湖。1996年の開園以来、約10万人のご来園者を迎えることができました。5月にはいたるところにバラの花が見事に咲き誇り、バラを愛するたくさんの方々がゆっくりと散策を楽しんでおられます。

2018年7月に水害の被害を受けて以来しばらく閉園しておりましたが、2021年6月より装いも新たにリニューアルオープンいたしました。
新しく生まれ変わったTG Rose Gardenをぜひご覧ください。

開園時間
平日・土日祝 9:00-17:00
(年末年始・お盆は休園いたします。)
※ 新型コロナ感染拡大防止のため、緊急事態宣言の発出時など一時的に休園する場合がございます。

ギャラリーのご紹介

gallery of Mr. Matthew

2021.5撮影

ガーデンマップ

GARDEN MAP

[ バラの他にも見所がいっぱいです。 ]

中世のイギリスに、誕生の歴史があるイングリッシュガーデン。その真髄は、自然を愛し、自然とともに生きる思想をもとに、人為的ながらも自然そのものを創出し、草花に囲まれた空間と時間のなかで、人間本来のゆとりを創造する至福のときを過ごすことです。

人間は自然の生命力によって培われ、深い思索が生まれるはずです。キャンパス内には、“思索の庭”と呼びたい、ガーデンの広さ約27,000坪のイングリッシュガーデンが広がっています。木漏れ陽の遊 歩道を散策し、樹木の香気を浴びながら森林をわたる風の声、小鳥のさえずりに耳を傾ける。四季折々の草花を楽しみ、湖面に遊ぶ水鳥の姿に憩いと安らぎを感じれば、心もきっと癒されることでしょう。