学科とコース

経済学部 / 経営法学科

経営法学科の2コース
  • 公務員コース
  • ビジネス法務コース
 
経営法学科の概要

グローバル化する現代社会にあって、企業の法的トラブルや戦略的課題に対応できるリーガル・マインドとその能力に立脚するマネジメント能力を兼ね備えた人材を育成します。

 
達成目標
 

個性の伸展を目指す

各自の好きな分野、得意な分野、興味や関心のある分野をSD セミナー等で引き出してもらい、2 年次以降のコース選択へとつなぎます。

コース別専門学習への移行

公務員コース、経営法学コースの 2 コースに分かれ、より「専門性=個性」を集中特化します。

専門の領域から専門職へ

公務員、司法書士、行政書士、上級ビジネス実務士、上級情報処理士等の専門職としての実力を身につけます。

自信をつけて世界に羽ばたく

社会のグローバル化、企業の即戦力要請を踏まえ、実社会への第一歩につなげます。
 
経営法学科 専門科目の一例
学科共通科目 法学 法制史 経営法学概論 法と企業倫理 民法Ⅰ(総則)
ビジネス法務コース 法社会学 法人税法 所得税法 金融商品取引法 知的財産権法
公務員コース 刑事法 労働法 行政法 刑事訴訟法 民事訴訟法
 
取得可能な
資格
  • 高等学校教諭第一種免許(公民)
  • 公務員
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士
  • 税理士
  • 宅地建物取引主任者
  • マンション管理士
  • 不動産鑑定士
  • 簿記検定(日商1~3級)
  • 英語検定(1~3級)
  • TOEIC
  • パソコン検定
  • ビジネス能力検定
  • 秘書技能検定
  • 漢字能力検定
  • サービス接遇実務検定
  • 中国語検定
  • ハングル能力検定
  • ドイツ語技能検定 など
 
目指す方向
ビジネス領域の経営学、商学、情報処理などの科目と、企業経営に関連した法律科目とをバランスよく学習し、法律に強いビジネス・スペシャリストの育成を目的とし、経営実務に対応できるリーガルマインドを備えた人材育成を目指します。
 
こんな方におすすめ!
  • 経営、管理能力を身につけ、できるビジネスパーソンを目指す人
  • 人と接することが好きで人とのかかわりを大切にしている人
  • 国家公務員、地方公務員、行政書士、NPO 等で地域や社会に貢献したい人
 
学科長メッセージ
ビジネスの現場で役立つ、「実践的教育」を展開。

経営法学科では、経営学・会計学・情報処理等の経営系科目と憲法・民法・商法・経済法等の法律系科目とを体系的にバランスよく学び、リーガルマインド(法的思考力)とマネジメント能力を兼ね備えた人材の育成を教育目標としています。特に、実際のビジネス現場で求められる実践的なカリキュラムが設定してあり、企業社会で即戦力として活躍できるビジネスパーソンを目指す人には最適の学科といえます。
また、今日の企業社会のグローバル化に対応して語学教育を充実させ、国際社会で通用する法的知識とビジネスセンスを磨き、国際的舞台で活躍できる優秀な「グローバル人材」を目指します。
なお、経営法学科には公務員希望者のためのコースもあり、憲法、民法、行政法等の公務員試験必須の科目を設けて、試験合格へと結びつけています。

経営法学科 学科長 野尻 和仁先生