おもしろい大学を選べば 君の未来は、
かなりおもしろい。

建学の精神に基づいて、経済分野への旺盛な探究心を持ち、何事にも挑戦する気概を持った多種多様な学生を幅広く受け入れ、入学後は更にそうした学生達の個性を伸ばし、文化の創造発展に貢献できる技術者として育てていくことに情熱を注いでいます。即ち、自己の個性に目覚めることが創造性発揮の原点であるという認識のもとに、『個性の伸展による創造的経済人の育成』を日本経済大学の教育の基本理念としています。

SDGs実現に向けた本学の取り組み
本学ではSDGsへの理解を深めるために関連科目を開講。外部から講師の方をお招きしたり、ベトナムから総領事に来学していただき特別授業を行なったりと積極的に授業を行なっております。
入試情報
本学は6学部17のコースで各分野で活躍するプロフェッショナルを育成します。ただいまエントリー受付中。詳しい入試情報はこちらをご覧ください。
いつでもOpen Campus
日本経済大学 福岡キャンパスでは、気軽に本学を知ってもらえるように「いつでもOpenCAMPUS」を開催しています。
JUEタレントギャラリー
日本経済大学は、開学50周年の節目を迎えました。この50年、本学で学んだ生徒はその後どのような道を歩み、社会で活躍しているのか。JUEタレントの今を追います

お知らせ

INFORMATION

本学教授 竹川克幸先生が宮崎県高鍋町でのシンポジウムに登壇しますNEW

令和2(2020)年1月26日(日)の13時から宮崎県高鍋町の高鍋美術館多目的ホールで開催されるシンポジウムに本学経済学科教授の竹川克幸先生(日本近世史)が登壇します。「高鍋藩第七

福岡県立 福翔高等学校にて異文化体験研修の事前学習会を行いましたNEW

福岡県立 福翔高等学校との高大連携事業の一環として、異文化体験研修に参加する高校生たちを対象に、本学 経営学科2年生のヴィアンさんによる事前学習会を開催いたしました。 ヴィアンさん

令和元年度岐阜県バドミントン協会指導者講習会講師に本学健康スポーツ学科教授が招聘されましたNEW

1月13日(月)に岐阜県体育協会が著名な指導者を招聘して実施する指導者講習会が岐阜市総合体育館において実施されました。本講習会には岐阜県バドミントン協会より本学健康スポーツ経営学科

福岡県立 北筑高等学校の2年生が施設見学のため来学しましたNEW

1月16日(木)に福岡県立 北筑高等学校の英語科に通う2年生が施設見学のため本学の福岡キャンパスを訪問しました。当日は本学 経営学科 グローバルビジネスコースのゼミに参加したほか、

経済学部経済学科(1年生)の交流実習を行いました

去る5月19日、本学経済学部経済学科(1年生)の交流実習を行いました。昨年に引き続いて、今年も佐賀県にある有田を訪ねました。当日は天気に恵まれ、参加者全員が楽しい一日を過ごしました

ROSEイギリス留学 2019レポート【Week 3】

ROSE2019レポートの第3弾は最後の「ロンドン~帰国編」です。Day 12 and 13 修了式Day 12 marked the last day of official l

【国際交流】韓国 培花女子大学の日本語・日本文化研修がスタートしました

2018年8月に学術交流協定を締結した韓国の培花女子大学から、20名の学生が到着し、福岡キャンパスでの研修がスタートしました。1か月という短期研修ではありますが、基本的な日本語を集

エルサルバドルホセ・シメオン・カーニャス中米大学(UCA)と学術協定を締結 並びに国家小零細企業庁(CONAMYPE)と人材育成の強化に貢献する奨学生プログラムに合意

中米の玄関口 エルサルバドルと日本の架け橋へ~エルサルバドル大学との教育交流の活性化 及び政府の掲げる経済活性化政策「一村一品運動」のリーダー人材育成の場を提供~ 日本経済大学(所

【国際交流】韓国 東西大学校のSAP日本文化研修がスタートしました

本学と協定校にある韓国・釜山の東西大学校から、平成30年度 2学期SAP日本文化研修生 28名が到着し、福岡キャンパスでの研修がスタートしました。本研修に参加する学生は、これから4

福岡キャンパスの特徴

FEATURES OF FUKUOKA CAMPUS

01 ボーダレスな学び 経済のボーダレス化に全方位で対応する学科教育
02 英語・語学教育 英語の日常的習得を目指す特設クラスや充実の語学教育
03 手厚いサポート オフィスアワーやチューター制度で一人ひとりを手厚くサポート
04 地域連携 福岡市や企業と密接に連携した社会貢献・体験型の教育
日本経済大学のキャンパスには、アジアやヨーロッパ、アメリカなど世界中から留学生が集まります。違った言語が飛び交い、文化が混ざり合う毎日。そんな環境で過ごす4年間は、海外で過ごすのと変わらないほど、刺激的でワクワクに満ちています!
株式会社ニューオータニ九州さまと教育連携協定を締結。
本学、経済学部商学科に設置されたホテル・観光ビジネスコースにおける教育連携を主として、人的・知的資源の交流と相互活用を図り、ホテルマネジメント・ホスピテリティなどの分野において活躍できる真のグローバル人材育成に寄与することを目的としています。
学生の小さなアイデアや夢、才能を受け止め、確かな「カタチ」へと育て上げることを目的に学内・学外で創業・起業支援を行っています。高校生を対象としたビジネスプランコンテストもこうした取組みの一つです。
JALとの教育連携協定締結と商学科エアラインマネジメントコース開設1周年を記念した地域連携公開講座「観光おもてなし講座」を開催。JALの福岡空港支店より講師を招き、JAL流のおもてなしの極意について講演いただきました。
地域のさまざまなイベントにボランティアとして参加しています。第12回「太宰府 古都の光」では、総勢482名の学生がイベントの準備から後片付けまで、地域の方々と協働して取組みました。
太宰府市内にある大学が、日頃の研究や教育の成果を発表するイベント。学校紹介、ネパールやタイの伝統舞踊の披露、5大学対抗の消費者ゲームなど、学生が主体となってさまざまな催しを企画・運営しています。
「復旧作業のお役に立てることをなすべき」と考え、学内に対策本部を設置。二日市駅前と天拝山駅前で、野球部・バドミントン部・サッカー部をはじめとする学生有志で募金活動を実施しました。
特別協賛として参加。九州北部豪雨で被災した朝倉地域の農産物を展示・販売、合わせて募金活動を実施しました。また、芸能マネジメントコースの学生が中央ステージでイベントを盛り上げました。





授業、ゼミ活動や部活動を通じて地域課題の発見や解決に向けての活動や学びを経験し、
自発的な探究心や積極的な行動力、地域との交渉・調整能力、チャレンジ精神などを育成することを目的としています。
キャンパス周辺の自治体との連携協力や公開講座の実施、地域企業との様々な教育連携事業を、地域連携センターを中心に進めています。







2018年11月1日(木)、福岡市と本学との連携協定に基づく地域貢献の授業の一環として、本学の商学科ホテル・観光ビジネスコースの留学生を中心とする約30名が、福岡市の天神地下街で、歩き回りながら、多様な言語力と心からのおもてなしで外国人観光客の問い合わせに応じる「動く観光案内所」の社会実験を西日本新聞社と協働で実施しました。






地域における生涯学習活動の一環として、企業との連携を活かした公開講座を開設しています。
地域の様々なイベントにボランティアとして参加。第13回「太宰府古都の光」では、総勢約500名の学生がイベントの準備から後片付けまで、地域の方々と協働して取り組みました。
太宰府市民政庁祭りに本学学生が参加。第36回では創作文芸部の学生がしおり作り体験で参加したほか、本学のネパール人留学生 6名が本場手作りネパールカレーを販売。カレーの売り上げは「風に立つライオン基金」に寄付しました。



国際貢献活動本学はこれまでも海外での震災などに際し、いち早く国際ボランティア部の学生を中心とした街頭募金などを通じて国際貢献活動に取り組んで参りました。2019年度からはエルサルバドルの国家小零細企業庁と連携し、グローバルレベルでの新たな国際貢献に取り組んで参ります。


2019年3月、エルサルバドル国家小零細企業庁と「一村一品運動」の若手リーダー育成に関する奨学生プログラム協定書を締結。エルサルバドルからの奨学生を毎年2名、日本経済大学大学院修士課程に受け入れ、ビジネスの専門知識を学ぶ機会を提供することで、同国の一村一品運動の支援をさせていただきます。


ネパール大地震の募金338万円をネパール国大使館に寄付

福岡キャンパス 学部・学科・コースについて

本学の建学の精神である「個性の伸展による人生練磨」に基づき、全学生に提供する共通 の「基礎科目」と各学科に設置する「専門科目」の二つを大きな柱とし、それぞれの学科の教育目標にあわせたカリキュラムを編成します。また、正課外教育においても、充実した各種教育プログラムを展開し、全教職員で学生の人間的成長を支援し、即戦力となりうる社会人の育成を実現します。

福岡キャンパスについて

入試について
オープンキャンパス
施設紹介
アクセス
サークル・クラブ活動
教員紹介
図書館・情報センター
キャリアサポート
キャンパスブログ

学内サービス

学生掲示板
キャンパスプラン
(学生用Webサービス)
キャンパスプラン
(教員用Webサービス)
moodle
Office 365