新型コロナウイルス感染者発生について

2020.08.02

全国的に新型コロナウイルス感染者が増加している中、本学学生(福岡)が新型コロナウイルス感染症に罹患していることが判明しました。
本件を受けまして、これまでに判明した事実および今後の対応をお知らせいたします。

 

1.感染が確認された対象者(属性・判明日・現在の状況)

 

 - 学生・7月30日判明・ホテル療養中
 - 学生・8月1日判明・自宅療養中
 - 学生・8月2日判明・自宅療養中

 

なお、感染した3名において、直接的な接点はありませんでした。
濃厚接触者の確認はございませんが、確認があった場合には、保健所など関係機関と連携し、自宅待機やPCR検査等の必要な措置を講じてまいります。

 

2.今後の対応等
本件については、本学に設置している「新型コロナウイルス感染症 危機管理委員会」において対応しております。感染者判明を受け、明日(8/3)以降の学生の大学構内立ち入りを当面の間禁止するとともに、対面での定期試験・補講・集中講義を取りやめ、遠隔への切り替えやレポート提出等に変更します。詳細につきましては、学生掲示板にて後日発信いたします。

 

本学では、オンライン授業を実施することで通学を禁止するとともに、一部対面授業再開後も学生にはマスク着用・手指の消毒・3密を回避した着席等の対応を行ってまいりました。地域および関係者の皆様にはご心配をお掛けしておりますが、今後も保健所等関係機関と連携しながら、感染が確認された学生の一日も早い回復を願い、ケアを行っていくとともに感染拡大防止対策と啓発に努めてまいります。

 

つきましては、感染が確認された学生やそのご家族に対する人権の尊重及び個人情報の保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

 

引き続き、本学では一人ひとりが基本的な感染防止対策(うがい、手洗い、消毒等)を徹底し、ソーシャルディスタンスの実践、感染拡大防止に努めてまいります。

 

(参考)
新型コロナウイルス関連肺炎への本学の対応について(まとめページ)