ロシア ニジニ・ノヴゴロド国立言語大学とオンライン共同記者会見を実施

2020.09.18

日本経済大学(所在地:福岡県太宰府市、学長:都築明寿香)は、9月16日(水)に、学術協定、及び、学生派遣協定の締結先であるロシアのニジニ・ノヴゴロド国立言語大学との間で、オンライン共同記者会見を開催いたしました。(今年8月に書面による締結済)

 

 

ロシア側からは、ニジニ・ノヴゴロド言語大学 ニコノヴァ・ ジャンナ ・ヴィクトロヴナ学長を始めとした大学幹部、及び、ニジニ・ノヴゴロド州政府 グーセヴァ・オーリガ・ユーリエヴナ国際部長のご参加を頂き、日露間の大学連携のみならず、同州政府としても日本との経済的・文化的交流を深めていきたい意向や今後の両大学での具体的な共同関係に対する期待のお言葉を頂きました。

日本側では、福岡地域戦略推進協議会 事務局 前田 真事務次長よりオンラインにてご参加を賜り、福岡県のグローバルレベルでの発展のために産官民学連携の必要性、同協議会からのお祝いとご祝辞を頂戴いたしました。

本学側からは、都築学長が先方の学長と意見交換を行う形で進行。語学分野のみならず、経済・経営、また、ITやデジタル・AIなど幅広い分野に関し、両大学の強みを生かした中長期的連携を具現化し、グローバルな視点と専門的なスキルを持った人材を育成すること、その実現のためのタスクフォースを設置することなど、具体的な議論がなされ、現在のコロナ禍でのオンラインでの国際交流の学びの形を開始しながら、コロナ後を見据えた学生派遣のスキームを固めていく事で合意いたしました。

ロシア側からは多くの地元メディアも同席の上、今回の協定内容、コロナ禍の中での具体的な取り組み内容など取材対応を受けました。

 

 

コロナ禍で学生の渡航が難しい状況が続いておりますが、本学は、今年10月より、ニジニーノヴゴロド言語大学をはじめとした海外学生に受けた「オンライン日本語講座」を開設し、世界中で日本語を学ぶ学生達への日本語教育を進めて参ります。その後も多様な分野での海外向けオンライン講座を開設し、「ニュー・ノーマル」の中での海外提携校との学びの場を提供して参ります。