6月20日(木)「福岡をユニバーサルデザイン先進都市へ」シンポジウムに本学 竹川克幸先生が登壇します

2019.06.11

「福岡を誰もが住みやすい 誰にもやさしい街に」というテーマで、「福岡をユニバーサルデザイン先進都市へ」と題したシンポジウムが6月20日(木)午後5時から、福岡市・天神のエルガーラホールで開催されます。

 

施設のバリアフリー化の企画などを手がける「ミライロ」(大阪市)と、ITを用いた社会課題の解決に取り組む大日本印刷(DNP、東京)、西日本新聞社が共同で開催します。今年の3月に、福岡市との教育連携の一環で、3社が中心となって取り組んだ、街中で移動に困っている人と支援する人を無料通信アプリ「 LINE」でつなぐ社会実証実験、福岡市実証実験フルサポート事業「たすけっと」に学生や商学科OBカンレスさん(QuickConnect代表取締役社長)が参加協力したご縁で、本学経済学科教授・地域連携センター長の竹川克幸先生がシンポジウム・パネルディスカッションに登壇し、福岡のまちづくりについて意見交換を行います。

 

(参考)西日本新聞記事(6月4日朝刊)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/515558/