経済学部   商学科

合力 理可夫
教授

合力 理可夫

RIKAO GOURIKI

大学は知識の吸収は勿論ですが、何事に対しても挑戦できる時間があります。社会に出るためのトレーニングの場としても考えながら大いに楽しんでください。

略歴

関東学院大学大学院経済学研究科経済学史・社会経済史専攻
博士課程単位取得後退学

キーワード

商工業者、財閥、商人、経営者

担当科目

商学、商業史、経営史、専門ゼミ、S.D.Seminar、基礎ゼミ

専門分野

経営史、経済史

主な研究テーマ

地方商工業者の活動
地方財閥の発展過程

趣味

読書(推理小説、歴史小説)、映画鑑賞(SF、アクション、ホラー)、雑貨見学

所属学会・主な社会活動

【所属学会】

社会経済史学会(評議員)
経営史学会
九州経済学会

主要著作・論文・発表等

【主要著作】

(共著)
・武野要子編『商業史概論』有斐閣、1993年。
・石油化学新聞社編『ふくおかの炎ー福岡県LPガス協会50年のあゆみ』社団法人福岡県LPガス協会、2005年。
・迎由理男、永江眞夫編著『近代福岡博多の企業者活動』九州大学出版会、2007年。

【論文】

(単著)
・「地方商工業者に関する一考察~明治期の博多における呉服太物商を中心に~」第一経済大学「第一経大論集」第32巻第3号、2002年
・「福岡県における商工業者の活動についてー明治期の運送業との関連を中心にー」日本経済大学「日経大論集」第43巻第1号、2013年

【発表】

・「田中丸家の経営行動について~呉服店から百貨店形成へ向けて~」経営史学会西日本部会(九州共立大学)、2005年12月24日
・新聞連載「百貨店・玉屋」『続はかた学ー福博の企業家ー』福博企業者史研究会、(朝日新聞、第25~27回、2001年2~3月)