経営学部   グローバルビジネス学科

吉原 さくら
教授

吉原 さくら

Sakura Yoshihara

私は大学院修了後、2社の会社員を経験した後に独立開業しました。研究で培った心理学の知識と実務経験を活かし、経営全般と人事のコンサルティングをしております。これまでのべ約1500社の経営者の様々な経営相談に対応し、うち約100社ほど起業の支援をさせていただきました。

本学では、その経験をもとに、学生の皆様のキャリア支援や起業のアドバイスをさせていただいております。企業の経営者や人事の立場から見て、学生時代に鍛えておくべき能力とは何なのか。学生が考えるものとは残念ながらギャップがあります。そんな企業の本音や事情も、ざっくばらんにお伝えします。そして、社会人と話す機会等も提供し、皆さんが経験から学ぶ「経験知」を伸ばすお手伝いをしていきたいと思います。

略歴

“心理” ・ ”IT” ・ ”ビジネス” の3つのバックグラウンドを持つ実務家教員。慶應義塾大学文学部では、社会心理学を専攻しながら、学外の行動分析学の先生に師事。行動科学に基づくモチベーションマネジメントを研究。大学院修了後、在野の研究者、実践家を目指して、アメリカの通信会社AT&Tの日本法人に、ネットワークエンジニアとして入社。新入社員研修にてトップの成績を修め、金時計を受賞。その後、現場に配属されてからは、24時間365日体制のネットワーク運用コールセンターや、サーバー開発現場にて、手探りで独自の業務改善を展開する。


その後、世界最大手の人事コンサルティングファームである、マーサージャパン株式会社に転職。コンサルタントとして、国内外の企業に対してM&Aや組織活性化、人材育成に関するコンサルティングを行った。さらなる組織や個人のモチベーション向上には、個人の無理なく幸せな自己実現が必要不可欠と考え、コンサルタント業務のかたわら、コーチングやカウンセリングの資格を取得(産業カウンセラー、米国CTI認定 CPCC、米国NLP協会認定 マスタープラクティショナー等)。ライフワークとして、社会人や経営者のコーチングにあたる。


2011年4月 独立し、人事コンサルティングファーム 「エスプリパートナーズ」 を設立。人材育成やコミュニケーションに関するコンサルティングやセミナーを展開中。老若男女問わず、お互いから学び合う姿勢を大切に、1人1人の個性や才能に合った自己実現を応援する、エコ・キャリア・マッチングを推進している。個人の活動と合わせ、2014年6月から2019年3月までの約5年間、中小企業庁「福岡県よろず支援拠点」のコーディネーターを担当。中小企業のよろずの悩み相談に応じ、強みの再発見による売上拡大支援や、ITを活用した経営改善、人事、起業、補助金獲得支援等を行ってきた。これまでのべ約1500社の経営相談、うち約100社の起業を支援。


それらの経験を元に、本学では主に起業とキャリアの支援、大学のDX推進を担当している。

担当科目

キャリアデザインⅠA・ⅠB
キャリアデザインⅡA・ⅡB
インターンシップ
専門ゼミ

専門分野

行動分析学

主な研究テーマ

・Performance Management:行動科学に基づいた組織行動マネジメント
・起業支援

趣味

ハイキング・ビール・ビジネスプランコンテストの支援

公開講座

・起業 はじめの一歩
・人の役に立つ「起業」をしてみませんか?
 〜"SDGs" ソーシャルビジネス入門〜

所属学会・主な社会活動

【所属学会】

日本行動分析学会

【主な社会活動】

・2020年:あすばるキャリアアップ・カレッジ2020 講師
・2020年:4K創業支援セミナー 講師
・2021年:福岡県地域おこし協力隊初任者研修 講師
・2021年:内閣府主催「スタートアップエコシステム拠点都市 アクセラレーションプログラム」伴走者

主要著作・論文・発表等

【論文】

・「自律学習の継続支援に関する研究」慶応義塾大学湘南藤沢学会

【発表】

・「攻撃行動に及ぼすテレビゲームの効果」日本行動分析学会第18回年次大会
・「負の強化がヒトの回避行動へ及ぼす影響」日本行動分析学会第19回年次大会
・”Effects of positive and negative rein-forcement upon avoidance behavior in human” The International Association for Behavior Analysis 2001 Conference in Venice.
・「Enlight Pen: 自律学習継続支援システムの提案」情報処理学会 インタラクション2003