経済学部   経営法学科

山口 雄介
教授

山口 雄介

Yusuke Yamaguchi

”日常生活に役立つ心理学”を目標として、心理学を教えています。また、カウンセラーとして学生相談の仕事もしています。学生のみなさんが心の健康を保ちながら楽しく学生生活を過ごし、社会に羽ばたいていけるようにお手伝いしたいと思います。

略歴

学部:九州大学教育学部卒業

大学院:九州大学大学院人間環境学府 人間共生システム専攻 
臨床心理学指導・研究コース博士後期課程 単位取得満期退学

職歴:九州工業大学非常勤講師、特定非営利活動法人九州大学こころとそだちの相談室事務局、北九州市スクールカウンセラーなど

キーワード

パーソン・センタード・アプローチ、学生相談、援助要請、メンタルヘルス、留学生、主体性、家庭学習支援活動

担当科目

心のしくみと行動の科学(心理学)・S.D.Seminar A・B・教育心理学

専門分野

臨床心理学

主な研究テーマ

・大学生および留学生における学生相談機関への援助要請
・学生相談機関による留学生のメンタルヘルス支援
・カウンセラーやセラピストの主体性の臨床的意義
・発達障害児への家庭学習支援活動における支援員の困難

趣味

野球観戦、音楽鑑賞、スポーツ、読書など

その他

日本経済大学福岡キャンパスの学生相談室室長代行を担当しており、カウンセラーとして在学生へのカウンセリングや保護者・教職員への助言などを行っている。

所属学会・主な社会活動

【所属学会】

・日本心理臨床学会
・日本人間性心理学会
・日本心理学会
・日本カウンセリング学会
・日本学生相談学会
・九州経済学会

【主な社会活動】

特定非営利活動法人九州大学こころとそだちの相談室 理事
臨床心理士(第24606号)
公認心理師(第20289号)
一般社団法人福岡県臨床心理士会 会員

主要著作・論文・発表等

【主要著作】

共著
 心理臨床のフロンティア 若手臨床家の多様な実践と成長 創元社

【論文】

単著
児童期後期における自尊感情と自己評価・友人からの反映的評価との関連 九州大学心理学研究 第11巻

共著
「コラボレーション方式Ⅴ」によるエンカウンター・グループの試み―<テーマ選択法>によるファシリテーター養成の検討― 九州大学心理学研究 第11巻
大学の新入生を対象とした精神健康調査の報告―精神健康の実態と高得点者の特徴を中心に― 日本経大論集 第48巻第2号
発達障害を有する児童生徒に対する家庭学習支援における効果的な支援方法の開発 マツダ財団助成研究報告書.青少年健全育成関係 第31巻
大学と協働して臨床心理学的地域援助を行う非営利組織の事業システムに関する研究 九州経済学会年報 第58巻
日本人学生と留学生の交流における認知のずれに関する研究 日本経大論集 第50巻第2号
University Personality Inventory(UPI)高得点留学生の特徴 学生相談研究 第41巻3号

【発表】

consideration about facilitator training of the encounter group in Japan - from the viewpoint of Trainees 10th Conference of the World Association for Person Centered and experiential Psychotherapy and Counseling

大学における異文化間トレランスの影響要因に関する文献研究 日本カウンセリング学会第52回大会
心理臨床初学者の 家庭学習支援における 困難と解決方法の分類 日本心理臨床学会第38回大会
University Personality Inventory(UPI)高得点者の留学生が有する特徴に関する研究 日本学生相談学会第38回大会
在日ネパール人留学生のアルバイト就労とメンタルヘルスの関連 日本人間性心理学会第40回記念大会